激ヤバに得するブログ

お金も健康も知識も手に入れよう

未分類

いったいノアコインって儲かるの? 

投稿日:

 

 

 

ビットコインの3分登録➡ビットコインの3分登録

 

前回はノアコインについて考察しました。

今日も続きます。

結局ノアコインってノアプロジェクトという

フィリピンの一つの不動産開発案件に関わる

資金調達の一手段にしか過ぎない。

資金調達なら銀行からお金を借りるとか、

債券を発行するなりしてお金を集める。

それをノアコインという仮想通貨を発行することにより

まかなおうとするにすぎない。

発行母体はノア財団、それをインターネットにより

主に某元大学教員および代理店と称する

一般の人が募集しているわけ。

しかし、こんなフィリピンの訳の分からない

プロジェクトに関わる仮想通貨なんて通常では売れないから、

昨今のビットコインなどの仮想通貨の値上がりにかこつけ

売ろうとしているわけである。

決してノアコインの将来の値上がりを保証しているわけではない。

確かにビットコイン、イーサリアムなどは

急に値上がりしているがこれがノアコインにも

当てはまるかは何の保証もない。

いくつかのリスクを挙げてみる。

1.フィリピンのカントリーリスク

フィリピンのカントリーリスクソブリン格付けでBBB(S&P)

(日本はA+だから日本より3段階下)、

Baa3(Moody’s)(日本はA1だから3段階下)

Moody’sの格付けは2014年12月にBaa3の投資適格

基準に引き上げられた。

いずれにせよ、フィリピンは投資適格ぎりぎりの基準だから

それなりのリスクも考慮しなければならない。

そのため資金調達もそれなりの金利も払わなければならないし、

ジャンクボンドにはならないもののリスクがあることには

変わりない。

まして、その国の国家プロジェクトではない一介の

不動産開発プロジェクトである。

そのリスクは推して知るべしと言えよう。

むろんフィリピンの経済発展は強いのは事実だ。

だからこそ体制が完全にできていない。

金融システムも安定しているとは言い難い。

その中での仮想通貨の発行である。

だからこそハイリスクであることを十分に

考慮しなければならない。

とにかく心配点は多い。

 

2.ノア財団の存在。

ノアコインのプロジェクトはノア財団という財団が管理する。

財団にすぎないから政府の保証も何もない。

ノア財団の運営は将来ちゃんと行われるのか心配である。

役員が持ち逃げなんかしないだろうか?

何しろフィリピンは発展してきたとはいえ、

まだまだ貧富の差が激しく、汚職も多い、いわゆる

Soft Stateである。

またいつ何時クーデターが起こるかもわからない。

このように訳の分からないノア財団に100万円とか

1000万円とかの大金をゆだねることができるのが

不思議だ。

某元大学教員は5億円を投資しているという。

5億円は彼の資産の多くを占めているという。

彼の財産がいくらあるかは知らないが

あと数億円はあるに違いない。

仮に5億円全部なくなってもまだ数億円あれば

一般人以上の贅沢な暮らしができる。

しかし、大多数の人にとって100万円や

1000万円は大金であるし、

親戚、親、知人から借りたり、金融会社から

借りている人も多いのではないか。

この人たちにとっては100万や1000万円

はトラの子である。

だからできるだけ早く売りたいはずである。

だから市場で売却ができればすぐにでも

売却するに違いない。

この時に市場価格が存在するだろうか?

売りたい人ばかりで値がつかないことになりはしないか?

ビットコインの3分登録➡ビットコインの3分登録

(続く)

 

 

 

 

 

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽経験ゼロの初心者が、たった30日でギターを弾ける方法とは?(PR)

    フォーク世代と呼ばれる中高年層から大好評!! ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「楽譜が読めない」 「ギターを弾いたこ …

現在仮想通貨の相場が下がっています。  ⤵

      現在仮想通貨相場が下がっています。 心配な方もいらっしゃるでしょう。 私は逆に今が買い時とみています。 これからますます仮想通貨は使われこそすれ なくなること …

ビットコイン総額1億円プレゼント (PR)

    つい最近、ついに 【200万円】を突破した なにかと話題のビットコインですが、 これを記念して、なんと 【総額1億円分】のビットコインが こちらのページでもらえるそうです。 …

コムサと仮想通貨  中級講座 (重要)

  前回はコムサの説明をしました。 このコムサのスキームで発行される 仮想通貨は1COMSAとなり シンボルはCMSとのことです。 これは株式のように誰でも買うことが できるのですがその購入 …

今話題の仮想通貨の口座をたった3分で開設する方法 (PR)

        現在テレビのニュースや雑誌などで話題沸騰の ビットコイン。 簡単に3分で取引所の口座を開設できます。 管理人のおすすめはCoincheckという …

結膜炎とアイメイク