激ヤバに得するブログ

お金も健康も知識も手に入れよう

未分類

超初心者講座  ビットコインの買い方 その1

投稿日:

 

 

今回から初心者の方へのビットコインの買い方

使い方をお知らせいたします。

まずビットコインとは何ぞやについて

簡単に説明します。

 

ビットコイン(Bitcoin)とは何か?一言で言うと?

インターネット上に存在する仮想通貨』の一つで

いわば仮想通貨の発祥であり今も最大マーケットシェア

を持っています。

仮想通貨という名称なので触ったりすることは

できません。

ですから実物の『通貨』ではなく通貨の価値を持つ

データなんですね。

それって、

スイカなどの電子マネーと同じなのではないか

と思う人がいると思います。

ビットコインは2009年にSatoshi Nakamotoさんによって

その仕組みの基礎が作られたと言われています。

一見日本人風の名前ですがいまだにその人物は

特定されていません。

確かにBitcoinを電子マネーと同じであると考える人もいますが、

ビットコインと電子マネーには決定的に違う

以下の点があります。

 

  1. 電子マネーには発行元あるいは管理先が存在するがビットコインには発行責任者が存在しません。
  2. 電子マネーは現金の対価として存在するので、ビットコインはネットワーク内でゼロから生み出されます。

ご承知の通り、現金/紙幣には発行責任部隊の中央銀行などが存在します。

でもビットコインには発行主体が存在しません。

特定の団体や政府が管理するのではなく、

複数のプログラマーが管理し価値あるいはその正当性を

いわば保証しあっていると言えます。

また現金は中央銀行が印刷する限り無尽蔵に増やすことが出来ます。

一方、ビットコインは最大発行量が決められています。(2100万ビットコインがMAXです。)

 

【特定の管理組織が存在しない】&【最大発行数量に限度が定められている】

というのがビットコインの特徴と言えます。

このように

ビットコインには紙幣やモノのように実態がありません。

複数のボランティアプログラマーによって管理され、

発行主体も存在せず、その数量には限界が存在します。

これって、金に似ていると思いませんか?

金は、金融商品の1つとしてマーケットにて取引されていますが、

そもそも誰かが発行(=作り出してる)いるわけではありません。

しかも埋蔵量は決まっています。

無限に作り出せるわけではありません。

ビットコインによく似ていますね。

金はそれに対する人々の信用によってマーケットにて価格が決まり取引が成立しています。

ビットコインも同じですが皆がビットコインに対する信用に

よって価格が決まり取引が成立しています。

一度信用が崩れてしまった場合、金も仮想通貨(=ビットコイン)の価値が下落してしまいます。

ビットコインは発行主体を持たないので、

この価値の急落に対して誰も責任をとれる存在がいません。

 

(続く)

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノアコインって儲かるの? その3 最新情報 

    ノアコインについて最新情報です。 本日のメールでは次のように謳っています。 日本とフィリピンの経済協力60周年に際し、ブロックチェーンやフィンテックの最新技術を用いて世界の …

7月22日(土)18時に総額300万円のビットコインプレゼント!(PR)

  7月22日(土)18時に総額300万円の ビットコインプレゼントのウェビナーを開催します。 まず以下のLINE@に友達登録してください。 ビットコインを500円分差し上げます。 &nbs …

10万円が3000万円に これから稼ぐICO  (PR)

  今マスコミでも仮想通貨の話題で持ちきりです。 最近の話題はなんといってもADAコインでしょう。 ADAコインが上場したとたんなんと300倍にも価格が上昇したのはご存知だと思います。 10 …

眼鏡をかけているあなた➡これを見ないと損します。(PR)

    眼鏡をかけているあなた。たった3分で「視力アップ」します。 嘘でしょう? たった3分で「視力アップ」なんて!? 『メガネやコンタクト、どうにかならないかな…』 『レーシック …

ヤヴァイー自宅で近視改善。今野式近視改善エクササイズの紹介(PR)

関連



結膜炎とアイメイク